スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予想(14)山梨学院大学

4年
佐藤孝哉
箱根17年(3区9位)・16年1区10位(3区3位)・15年2区18位(25位)・14年補欠(50位)
全日本16年2区5位(4組8位)・15年2区12位・14年1区11位・13年1区11位(3組10位)
関カレ16年ハーフ8位・15年ハーフ6位・14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
上尾ハーフ62分28秒で走った。

上村純也
箱根16年10区5位(補欠)・15年4区12位(87位)・14年4区19位
全日本16年(2組2位)・15年補欠・14年5区13位・13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
主将。秋以降レースに出ていないようだが、11月にポイント練習を再開したらしい。

伊藤淑記
箱根17年(補欠)・16年補欠・15年(142位)・14年補欠(83位)
全日本16年補欠(2組6位)・14年補欠・13年5区11位
関カレ16年5000M9位・15年5000M19位・14年5000M20位
トラックのほうが得意。上尾ハーフ66分29秒も記録挑戦会は29分34秒だった。

秦将吾
箱根17年(2区3位)・16年6区18位(2区8位)・15年補欠
全日本16年3区3位・15年補欠
関カレ16年1500M1位5000M4位・15年1500M5位・14年1500M予選・13年1500M予選
秋に5000M,10000Mの自己ベストを更新。出雲・全日本としっかり走った。

熊代拓也
箱根17年(補欠)
全日本16年5区13位(1組22位)・15年補欠
上尾ハーフ63分57秒、記録挑戦会29分17秒の自己ベストと好調。

小山祐平
箱根16年補欠・14年補欠
関カレ16年3000SC4位・15年3000SC11位・14年3000SC8位・13年3000SC予選
10月に14分27秒の自己ベスト、上尾ハーフ63分54秒と好走も記録挑戦会30分32秒。

3年
上田健太
箱根17年(1区3位)・16年3区7位(4区2位)・15年補欠
全日本16年1区6位(3組2位)・15年4区7位
関カレ16年10000M4位ハーフ5位・15年5000M22位10000M27位・14年10000MDNF
上尾ハーフ62分1秒と好走。

河村知樹
箱根17年(補欠)・16年9区8位(5区7位)・15年補欠
全日本16年7区8位・15年7区4位
関カレ15年ハーフ23位
全日本以降レースに出ていない模様。

市谷龍太郎
箱根17年(4区5位)・16年7区13位(1区7位)・15年7区12位
全日本16年4区7位(3組11位)・15年1区20位・14年2区12位
関カレ16年5000M12位10000M5位
上尾ハーフ65分14秒、記録挑戦会30分35秒と11月に入って結果を残せていない。

古賀裕樹
箱根16年補欠(補欠)
全日本15年5区18位
2年に大きく伸びた。上尾ハーフ64分54秒、記録挑戦会30分19秒だった。

2年
ドミニクニャイロ
箱根17年(6区1位)・16年2区2位(6区1位)
全日本16年8区1位(4組2位)・15年8区1位
関カレ16年ハーフ1位10000M2位・15年10000MDSQ
前回の箱根以外全て区間賞をとっている。

永戸聖
箱根17年(5区3位)・16年補欠
全日本16年6区5位(1組5位)
今年度大きく伸びた選手で上尾ハーフ63分1秒、記録挑戦会29分6秒の自己ベスト。

久保和馬
全日本15年補欠
10月に29分44秒の自己ベストを出すと上尾ハーフ64分20秒で走った。

藤田義貴
全日本16年補欠
9月に14分19秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分5秒と好走。

池田真臣
10月に29分46秒の自己ベスト。以降レースに出ていない模様で6区候補か。

片山優人
10月以降14分33秒、29分53秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分7秒と好走。記録挑戦会は30分11秒。

予想オーダー
佐藤4―ニャイロ2ー市谷3―上田3―河村3
秦4―久保2―熊代4―永戸2―上村4
出雲・全日本と漏れていた上村もエントリーに入り、順当なエントリーにはなりました。しかし、市谷が上尾ハーフ・記録挑戦会と結果を残せていないのが気になります。オーダーを決める上で個人的に最もカギになると考えているのが3区と9区。永戸はどちらでもいけるものの、市谷は11月結果を残せておらず、上村はどこまで状態が上がっているか不透明。上村の状態が戻っていれば永戸3区上村9区、市谷の調子がよければ市谷3区永戸9区だと思います。後者のオーダーにした場合、4区佐藤だと不安に感じ、出雲・全日本と好走している上田を4区にしてみました。佐藤は29分切りとしては及第点ですが、優勝を狙うチームのエース格としてはやや物足りない印象。1区でも区間10位前後ではきてくれるでしょうが、最後まで区間賞争いをする走りが優勝には求められると思います。ニャイロは66分台十分狙えると思いますし、上田・河村もある程度安定して走ってくれるでしょう。秦は優勝を狙うチームでは数少ない、小野田とある程度勝負できる可能性がある存在かなと思います。ただ、スタミナもある程度ついてきたとはいえ、前回上りで飛ばしすぎて失速していますし、58分台で走れれば満足ぐらいの気持ちで走ってほしいですね。9,10番目は上尾ハーフ・記録挑戦会良かった熊代は走るでしょう。小山は記録挑戦会30分30秒台だったので、2年の久保・藤田・片山あたりかなと思います。全体的には目標は優勝ですが、上村・市谷が万全でかつ全員が力を出し切ってようやく後半まで優勝争いできるかなというのが正直な印象。出雲・全日本と力を出し切れませんでしたし、3~5位くらいなら上出来ではないでしょうか。
スポンサーサイト

全日本大学駅伝関東予選展望(2)山梨学院大学

1組
熊代拓也(4年)
全日本15年補欠
昨秋一気に伸びた選手。昨年末に故障したものの3月に復帰し、5月半ばの記録会は14分45秒も組トップだった。

永戸聖(2年)
箱根16年補欠
1年で29分台、64分台を出している選手。4月に14分16秒の自己ベスト、5月半ばの記録会も14分26秒とまずまず。

2組
上村純也(4年)
箱根16年10区5位(補欠)・15年4区12位(87位)・14年4区19位
全日本15年補欠・14年5区13位・13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
主将。13分台28分台の自己ベストを持つが、4月に31分台と撃沈して以来レースに出ていない。

伊藤淑記(4年)
箱根16年補欠・15年(142位)・14年補欠(83位)
全日本14年補欠・13年5区11位
関カレ16年5000M9位・15年5000M19位・14年5000M20位
前半戦は好調な選手。4月に14分4秒の自己ベストを出し、関カレも14分8秒で入賞まであと少しだった。

3組
上田健太(3年)
箱根16年3区7位(4区2位)・15年補欠
全日本15年4区7位
関カレ16年10000M4位ハーフ5位・15年5000M22位10000M27位・14年10000MDNF
昨秋以降安定して結果を残している選手。関カレは10000M日本人2位、ハーフも入賞と絶好調だった。

市谷龍太郎(3年)
箱根16年7区13位(1区7位)・15年7区12位
全日本15年1区20位・14年2区12位
関カレ16年5000M12位10000M5位
トラックは安定している選手。4月に28分55秒の自己ベスト。関カレも10000M日本人3位だった。

4組
佐藤孝哉(4年)
箱根16年1区10位(3区3位)・15年2区18位(25位)・14年補欠(50位)
全日本15年2区12位・14年1区11位・13年1区11位(3組10位)
関カレ16年ハーフ8位・15年ハーフ6位・14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
安定感がある選手。地道なトレーニングを続けていたため、関カレが1月以来のレースとなった。

ドミニクニャイロ(2年)
箱根16年2区2位(6区1位)
全日本15年8区1位
関カレ16年ハーフ1位10000M2位・15年10000MDSQ
箱根2区1年歴代トップのタイムで走った選手。4月に27分56秒の自己ベストを出し、関カレも日本人には負けていない。

補欠
河村知樹(3年)
箱根16年9区8位(5区7位)・15年補欠
全日本15年7区4位
関カレ15年ハーフ23位
29分13秒の自己ベストを持ち、安定している選手。学生ハーフ以降レースに出ていない。

小山祐平(4年)
箱根16年補欠・14年補欠
関カレ16年3000SC4位・15年3000SC11位・14年3000SC8位・13年3000SC予選
29分台、64分台の自己ベストを持っている。関カレ3000SCは8分52秒の自己ベストで4位入賞した。

主なエントリー漏れ
古賀裕樹(3年)…1年間故障で苦しんだが、2年時29分15秒など成長した選手。学生ハーフ以降レースに出ていない。

変更予想 なし

良くも悪くも思ったよりも主力がエントリーに入ってきたなというのが正直な印象。学生ハーフ以降レースに出ていなかった河村、4月以降レースに出ていなかった上村もエントリーに入ってきました。通過はほぼ問題ないでしょうが、トップ通過のカギとなるのは熊代・上村・河村がどこまで復調しているか。トップ通過を狙う大学は前半の間に山学と2分差をつけておきたいところ(苦笑)。3組に関カレ10000M日本人2,3位をおけるほど後半の組は強力ですし、4組小山が走らなければならなくなって初めて予選落ちの可能性が出てくると思います。

卒業生のまとめ&2016年度の展望(13)山梨学院大学

4年
エノック オムワンバ
箱根16年補欠・15年補欠(2位)・14年2区DNF(1位)・13年2区2位(6区1位)
全日本14年8区2位・13年8区2位(4組1位)・12年2区1位(4組1位)
関カレ15年1500M1位5000M1位・14年1500M1位5000M1位・13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位

田代一馬
箱根16年4区5位(補欠)・15年1区20位・14年1区16位(49位)・13年(補欠)
全日本15年3区4位・13年補欠(OP1位)・12年5区14位
関カレ15年10000M16位・13年5000M27位

前田拓哉
箱根16年5区12位(補欠)・15年5区12位(154位)・14年8区20位(105位)・13年8区13位
全日本15年6区9位・14年補欠・13年補欠(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位

谷原先嘉
箱根16年8区11位・15年8区4位(38位)・13年補欠
全日本15年補欠・14年3区11位・12年補欠
関カレ15年ハーフ26位・12年ハーフ27位

磯野裕矢
箱根15年補欠(182位)・14年補欠(86位)
全日本14年補欠

前田直人
箱根14年(119位)
全日本14年補欠・13年補欠・12年(OP15位)

山本新
箱根15年(203位)・14年補欠(156位)
全日本13年補欠

蔵田秀純
箱根16年補欠

上田竜平
全日本13年補欠

上倉利也
全日本12年(1組19位)
関カレ12年5000M24位
オムワンバは2年時に1500M~10000Mまで関カレ制覇、箱根予選会トップと素晴らしい成績を残していたのですが、箱根途中棄権からうまくいかなくなってしまいましたね。ロードに躊躇いを見せるようになり、箱根直前に欠場。4年時は1500M世界最高を出した一方で、ニャイロの入学や夏の故障もあり三大駅伝走れませんでした。田代は入学時からすると素晴らしいくらい成長してくれました。1年時に14分45秒から14分8秒まで伸ばすと、初10000Mも29分半切りました。2年になって少しずつ大舞台に慣れてきて、2年の箱根も悪くなかったものの直前に29分38秒という素晴らしいタイムを出しすぎて悪く見えてしまいました。3年は故障が長引きようやく復帰したところで箱根1区急遽任されるという厳しい展開があったものの、4年時は繋ぎ区間で好走して気持ちよく卒業できたと思います。この学年で唯一4年間箱根に出たのが前田拓。1年時は29分台64分台で走り、箱根8区も健闘しました。ただ、2年以降記録は伸ばした一方で、なかなか重要なところでは結果を残せず。しかし、3年の箱根できっかけを作ると4年7月に復帰して秋以降堅実に走ってくれました。主将の谷原はもともと期待されていたものの、なかなか伸びませんでした。しかし、3年9月に29分40秒で走ると、箱根予選会・箱根と好走。4年秋以降うまくいかなかったものの、最後の箱根粘ってくれました。その他、2年間シード落ちしたこともあり、箱根予選会で出走したのが磯野・前田直・山本。磯野は2年時箱根予選会好走すると、2年3年ともに上尾ハーフ64分台。最終学年も11月に何とか復帰しましたが、さすがに箱根には間に合いませんでした。前田直は10000Mで30分前後で安定、箱根予選会もまずまず走りました。山本は2,3年ともに箱根予選会前の記録会は良かったものの、2年は転倒、3年も上手くはしれませんでした。その他、蔵田が3年秋以降29分台64分台を出し、最後の箱根エントリーに入ることができました。

3年
佐藤孝哉
箱根16年1区10位(3区3位)・15年2区18位(25位)・14年補欠(50位)
全日本15年2区12位・14年1区11位・13年1区11位(3組10位)
関カレ15年ハーフ6位・14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位

上村純也
箱根16年10区5位(補欠)・15年4区12位(87位)・14年4区19位
全日本15年補欠・14年5区13位・13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位

伊藤淑記
箱根16年補欠・15年(142位)・14年補欠(83位)
全日本14年補欠・13年5区11位
関カレ15年5000M19位・14年5000M20位

秦将吾
箱根16年6区18位(2区8位)・15年補欠
全日本15年補欠
関カレ15年1500M5位・14年1500M予選・13年1500M予選

熊代拓也
全日本15年補欠

小山祐平
箱根16年補欠・14年補欠
関カレ15年3000SC11位・14年3000SC8位・13年3000SC予選
日本人エースと期待されている佐藤は出雲好走したものの、全日本は良くない位置で受け取ると立て直せず、箱根も区間二桁ということで大きくは成長できませんでしたね。都道府県駅伝後レースに出ていませんが、基礎を固めていたという情報があり、ひとまず関カレでどのくらい走れるか注目です。上村は秋以降好調で13分台63分台に突入。出雲どころか全日本もまさかの走ることができませんでしたが、箱根で安定した走りで結果を残したのが最大の収穫だと思います。伊藤は前半戦14分0秒台で安定していて10月以降も64分台や29分台などまずまず走れていたものの、伸びてきた2年生の影に隠れてしまいました。2016年も早速14分4秒の自己ベストを出しているだけに、そのまま夏を越えて三大駅伝で力を発揮してほしいです。大きく伸びたのは秦。関カレ1500M入賞し、夏・秋ともに13分台を出すと出雲2区しっかりと走りました。箱根は撃沈したもののクロカン日本選手権12kmで11位と少しずつ長い距離にも対応しており、今年の上尾ハーフも64分台出した(3000SC得意の)小山とともにまずは関カレでポイント、その上で箱根メンバーにも絡んできてほしいです。他、熊代が秋以降14分6秒、29分28秒と一気に伸びてきました。故障で箱根エントリーから外れましたが、3月にまずまずの状態で復帰しています。

2年
上田健太
箱根16年3区7位(4区2位)・15年補欠
全日本15年4区7位
関カレ15年5000M22位10000M27位・14年10000MDNF

河村知樹
箱根16年9区8位(5区7位)・15年補欠
全日本15年7区4位
関カレ15年ハーフ23位

市谷龍太郎
箱根16年7区13位(1区7位)・15年7区12位
全日本15年1区20位・14年2区12位

古賀裕樹
箱根16年補欠(補欠)
全日本15年5区18位

矢ノ倉弘
関カレ14年3000SC予選
上田・河村・市谷と期待されている3人はそれぞれ成長を見せましたね。上田は4月に28分48秒の自己ベストを出したものの前半戦は波がありました。しかし、秋以降安定して力を発揮し世界大学クロカンも出走ということで、佐藤と日本人エースを争うくらいまで成長できたと思います。河村は1年のころから安定感があるとおもっていましたが、29分13秒、ハーフ63分台の自己ベストと力をつけて安心できる戦力になりました。学生ハーフ以降レースに出ておらず関カレからもエントリー漏れということで、三大駅伝には万全な状態で走れるように焦らず直してもらいたいです。課題が残ったのは市谷。13分51秒、28分56秒と秋以降トラックでは大きく成長したものの、全日本・上尾・箱根と長いロードでは3連続撃沈。4月に28分55秒の自己ベストとトラックでの好調は維持しているので、全日本や箱根でもそのスピードを活かしたいです。他、この1年で大きく伸びたのは古賀裕。1年時は故障で棒に振りましたが、夏前に14分30秒台まで戻してくると、秋以降全日本は失敗したものの14分11秒、29分15秒、64分6秒と大きくタイムを伸ばしました。ただ、河村と同じく3月初め以降レースに出ておらず関カレにもエントリーされていないので状態が心配です。

1年
ドミニクニャイロ
箱根16年2区2位(6区1位)
全日本15年8区1位
関カレ15年10000MDSQ

永戸聖
箱根16年補欠

久保和馬
全日本15年補欠
ドラ1・ドラ2の永戸・久保が箱根や全日本のエントリーに入りました。特に良かったのが永戸で5月に14分30秒の自己ベストを出すと、秋に29分台、上尾・学生ハーフ64分台と早速長い距離に対応。2016年度に入っても14分16秒の自己ベストを出しています。一方の久保は10月に14分26秒で走り、全日本エントリーに入ったものの5000M,10000Mでは目立てず。しかし、その悔しさを晴らすように2016年度に入ってから好調で5月半ばの記録会で30分1秒の自己ベストを出しています。

新入生情報
山村凱斗 小林(宮崎)14.18.38
13年都大路7区3位・14年IH1500M10位・14年都大路1区37位・15年都道府県4区23位・15年都大路1区17位・16年都道府県1区35位
井上広之 世羅(広島)14.16.92
14年都大路6区1位・15年都大路2区1位
中村幸成 鹿児島実 14.25.39
14年都大路4区28位・15年都道府県4区23位・15年都大路1区41位
川口竜也 鹿児島城西 14.42.96
16年都道府県5区27位
熊谷堯之 山梨学院大付属 14.47.64
13年都大路5区11位・14年都大路5区48位・15年都大路3区37位・16年都道府県5区32位
関川大悟 山梨学院大付属 14.33.18
14年都大路3区51位・15年都大路4区34位・16年都道府県4区34位
広瀬悠太 埼玉栄 14.34.53
15年都大路6区22位
松原佑弥 豊川(愛知)14.46.53
15年都大路2区8位
太田裕也 山梨学院大付属 14.46.03
14年都大路2区44位・15年都大路7区42位
花田幹太 山梨学院大付属 14.42.16
14年都大路6区50位
原口翔 日立工業(茨城)14.48.94
山本侑璃 滋賀学園 14.51.77
15年都大路7区47位
吉岡航汰 網野(京都)14.51.73 
朝日翔 白鴎大足利(栃木)14.54.24
前田隼弥 飾磨工業(兵庫)14.55.09
下山翔斗 白鴎大足利(栃木)14.55.55
井上仁史 鎮西学院(長崎)14.56.39
高瀬魁舟 西脇工業(兵庫)15.00.23
上位は例年と同じくらいか少し悪いくらいなものの、例年と違って自己ベストはあまり良くないものの全国駅伝である程度結果を残している選手を中心に取れたと思います。ドラ1は山村でしょうか。1年から都大路7区3位と好走すると、2015年のハイペースな都大路1区でも17位でまとめました。同じく14分10秒台の井上は長い距離の実績はわかりませんが、都大路2年連続区間賞を取り、優勝に貢献するなど大舞台でしっかりと結果を残しています。この2人は1年目の間に29分台か64分台を期待したいですが、14分25秒の自己ベストを持ち全国駅伝主要区間を経験している中村、自己ベストは低いものの都道府県粘った川口あたりも順調ならば出してもおかしくないです。付属校からは1年時優勝経験して3年都道府県粘った熊谷、2,3年都大路3,4区経験した関川などが入学。上田竜や西山など即戦力以外はあまりうまくいっていない気もしますが、着実に成長して上級生になってからエントリーに絡んでほしいところ。他、14分34秒の自己ベストを持つ広瀬・都大路2区8位の松原がいます。

まとめ
1,2年前は2016年度が全日本や箱根でも優勝争いができる勝負の年になるかなと思っていたのですが…。佐藤・伊藤がこの1年間あまり伸びなかったり新1,2年のリクルートが新3,4年ほど良くなかったりということで、安定して戦えそうではあるものの優勝争いまで見ると厳しいかなというのが正直な印象。即戦力ルーキーがいない一方で卒業生の穴は小さいということで他大ほど戦力ダウンは大きくないかなという気がします。出雲優勝が目標、全日本はシード権獲得がノルマ、箱根は早稲田くらいの安定した上位でレースを進めたいところです。

現時点の箱根オーダー
佐藤4ーニャイロ2ー上村4ー上田3ー古賀3
秦4ー市谷3ー永戸2ー河村3ー伊藤4

箱根駅伝結果(17)山梨学院大学

1区佐藤孝哉区間10位(11位に-19秒差)
2区ドミニクニャイロ(10→3)区間2位(-2分0秒差)
3区上田健太(3→3)区間7位(-2分59秒差)
4区田代一馬(3→3)区間5位(-3分34秒差)
5区前田拓哉(3→4)区間12位(-4分18秒差)
6区秦将吾(4→6)区間18位(-1分40秒差)
7区市谷龍太郎(6→8)区間13位(-1分4秒差)
8区谷原先嘉(8→9)区間11位(-1分23秒差)
9区河村知樹(9→8)区間8位(-3分38秒差)
10区上村純也(8→8)区間5位(-4分59秒差)
総合順位8位(往路4位・復路10位)
【敢闘賞】ドミニクニャイロ…すさまじいペースで突っ込み、ポテンシャルを見せる走りで67分20秒の好走。
【残念で賞】市谷龍太郎…昨年より30秒以上タイムを落とし、11位に1分差まで詰め寄られる。
予想5位(往路5位)区間は1~3・5~7・9区が的中
往路はだいたい予想とおりでしたが、復路で秦はまだしも市谷が区間二桁とは思いませんでした。区間は谷原は少し考えたので勿体なかったでしょうか。それでも、7区市谷や9区河村など迷った区間の多くを当てられたので個人的には満足しています。佐藤はニャイロの前で大崩れせず走ってくれたと思います。ただ、日本人エースとして見るならばあと20秒くらい早く走ってほしかったです。ニャイロは序盤モグスよりも速いペースで入って後半余計なスパートをしたためさすがに終盤もちませんでしたね。それでも、67分20秒と1年生としては十分な走りを見せてくれました。上田は中谷においつかれてから白熱した戦いを披露し前にいかせませんでした。序盤かなりゆったり入りましたが、20kmの経験がすくなかったですし仕方ないでしょうか。田代はラスト3km素晴らしいスパートだっただけに、もっと前からペースを上げていれば3位以内も取れたとは思いますが、今までの悔しい思いを晴らす好走でした。前田は昨年ほどは走れませんでしたが、昨年をベースとした走りでしっかりと適性のある走りをしてくれました。往路はそれぞれの選手が80点くらいできっちりと走ってくれたかなというのが正直な印象でした。
ただ、復路は秦が序盤から腹痛を起こし区間最下位になってもおかしくないクラスの走りに終わってしまいました(例えば桃沢2年時は62分34秒)。せめて中盤の下りをもう少し走って適性のあるところを見せて欲しかったです。ただ、6区スタミナに不安がありましたし7区で巻き返す予定だったと思うのですが、市谷が最大の誤算だったと思います。前半昨年並に走れば牟田についていけたのですが、腹痛で失速。後半何とか立て直したもののあと1分半くらい速く走ってくれると思っていました。谷原は昨年のように目立てませんでしたが、秋以降調子を落としていましたしよく踏ん張ったと思います。得意な中盤もまずまず走ってくれましたし、終盤林に追いつかれてからも大きく離されませんでした。河村は想定した走りをしてくれただけでなく、序盤3番目というハイペースで入った上に中盤以降も安定して走った点は評価できると思います。上村は惜しくも順位を上げることはできなかったものの、後半作田とともに素晴らしい走りをしてくれました。作田に追いつかれるまでもきっちり走れていましたし、これから三大駅伝を安心して任せられるでしょう。復路は6,7区うまくいかず、シード権争いに巻き込まれましたが、8区以降きっちりと走ってくれました。全体的には多くの選手が悪くないものの手放しで喜べない走りだったというのが個人的な印象。ただ、うまくいかない区間があり、予想以上に素晴らしい走りをした選手がいない中でも最終的に11位と5分差をつけてシードが取れたということで地力があることをかんじさせました。

箱根駅伝予想(11)山梨学院大学

4年
エノック オムワンバ
箱根15年補欠(2位)・14年2区DNF(1位)・13年2区2位(6区1位)
全日本14年8区2位・13年8区2位(4組1位)・12年2区1位(4組1位)
関カレ15年1500M1位5000M1位・14年1500M1位5000M1位・13年1500M1位・5000M1位・10000M1位・12年5000M2位10000M1位
関カレ3分35秒と今期世界最高(当時)を出した。8月に故障し本格的な練習復帰は11月。

前田拓哉
箱根16年(補欠)・15年5区12位(154位)・14年8区20位(105位)・13年8区13位
全日本15年6区9位・14年補欠・13年補欠(2組21位)・12年補欠
関カレ13年ハーフ17位
出雲前に29分39秒、14分10秒の自己ベスト。2,3年時は大舞台での失速が目立ったが、今年の全日本はまずまず。

田代一馬
箱根16年(補欠)・15年1区20位・14年1区16位(49位)・13年(補欠)
全日本15年3区4位・13年補欠(OP1位)・12年5区14位
関カレ15年10000M16位・13年5000M27位
一昨年まではメンタルが課題だったが、今年度は安定して結果を残せている。出雲前に13分55秒の自己ベスト、全日本も好走。

谷原先嘉
箱根15年8区4位(38位)・13年補欠
全日本15年補欠・14年3区11位・12年補欠
関カレ15年ハーフ26位・12年ハーフ27位
主将。昨年度大きく成長した選手。上尾ハーフ66分05秒、記録挑戦会30分41秒と秋以降あまり結果を残せていない。

蔵田秀純
都大路4区8位の実績がある。3年時に29分54秒、学生ハーフ64分台。10月末以降レースに出ておらず山下り候補か。

3年
佐藤孝哉
箱根16年(3区3位)・15年2区18位(25位)・14年補欠(50位)
全日本15年2区12位・14年1区11位・13年1区11位(3組10位)
関カレ15年ハーフ6位・14年10000M9位ハーフ6位・13年10000M18位
日本人エース。基本的にはかなり安定しているが、駅伝で悪い流れで襷を受け取ってしまうと引きずられる傾向も。

上村純也
箱根16年(補欠)・15年4区12位(87位)・14年4区19位
全日本15年補欠・14年5区13位・13年3区13位(1組3位)
関カレ14年1500M予選・13年1500M予選5000M18位
自己ベスト良いが大舞台であまり良くない。上尾ハーフ64分14秒、記録挑戦会28分54秒の自己ベストと結果を残している。

伊藤淑記
箱根15年(142位)・14年補欠(83位)
全日本14年補欠・13年5区11位
関カレ15年5000M19位・14年5000M20位
2,3年時と前半戦は好調な選手。秋も10月以降はある程度安定しており、上尾ハーフ64分32秒、記録挑戦会は29分57秒。

秦将吾
箱根16年(2区8位)・15年補欠
全日本15年補欠
関カレ15年1500M5位・14年1500M予選・13年1500M予選
1500Mメインのスピードランナー。10000M以上の実績は全くない。出雲以降レースに出ておらず、山下り候補か。

小山祐平
箱根14年補欠
関カレ15年3000SC11位・14年3000SC8位・13年3000SC予選
1年で29分台出した選手。上尾ハーフは毎回好走しており、今年も64分17秒、記録挑戦会は30分11秒とまずまず。

2年
市谷龍太郎
箱根16年(1区7位)・15年7区12位
全日本15年1区20位・14年2区12位
出雲前に13分51秒の自己ベスト。全日本撃沈、上尾ハーフ64分36秒も、記録挑戦会28分56秒の自己ベスト。

上田健太
箱根16年(4区2位)・15年補欠
全日本15年4区7位
関カレ15年5000M22位10000M27位・14年10000MDNF
4月に28分48秒の自己ベストも、前半戦は不安定だった。秋になり安定しており上尾ハーフ63分35秒、記録挑戦会29分03秒。

河村知樹
箱根16年(5区7位)・15年補欠
全日本15年7区4位
関カレ15年ハーフ23位
ハーフ高校記録など長い距離が得意。出雲微妙も全日本好走、上尾ハーフ63分50秒、記録挑戦会29分13秒の自己ベスト。

古賀裕樹
箱根16年(補欠)
全日本15年5区18位
高校時代実績あるものの、昨年度は故障。全日本脱水気味で撃沈も、上尾ハーフ64分06秒、記録挑戦会29分15秒の自己ベスト。

1年
ドミニクニャイロ
箱根16年(6区1位)
全日本15年8区1位
関カレ15年10000MDSQ
スタミナ型らしいが、ホクレンで13分59秒、28分11秒で走っている。全日本も56分台の激走。

永戸聖
都道府県4区11位。10月末に29分54秒の自己ベスト、上尾ハーフ64分36秒と好走も、記録挑戦会は30分41秒だった。

主なエントリー漏れ
熊代拓也(3年)…世田谷記録会14分6秒、平国大記録会29分28秒と夏を経て一気に力をつけてきたが、故障中らしい。

予想オーダー
佐藤3ーニャイロ1ー上田2ー上村3ー前田4
秦3ー市谷2ー古賀2ー河村2ー田代4
エントリーは熊代が外れたのは残念でしたが、大きなエントリー漏れもなく良いエントリーができたと思います。出雲・全日本と1区に市谷を任せましたが、佐藤と予想。確かに市谷の走りは1区に魅力的ですが、視覚にハンデがある分接触の危険性も高まります。佐藤は基本的に安定している反面、流れが悪いと力を出し切れないので1区。2区はニャイロとオムワンバどちらもあると思いますが、オムワンバが11月から本格的に復帰して本調子まで間に合うか否かと直前で痛む可能性もあるのでニャイロと予想。どちらが走っても67分台が一つの目安になると思います。3区は上田か田代で迷いましたが、最終盤に4年生が走る印象があるので、上田を3区。良い位置で襷をもらえれば区間5位以内も十分狙えると思います。全日本の走りを見ると田代4区が魅力的ですが、現実的には過去2年経験している上村と予想。今回は安定して結果を残せていますし、さすがに区間一桁では走ってほしい。山学はなぜか1回目成功した選手が2回目失敗することも多いらしいですが、前田拓が5区を走るでしょう。今年は昨年より結果を残せていますし、82分前後を目安に走ってもらいたいところ。6区は秦か蔵田が候補と思われます。10000M以上全く実績のない秦がラスト3km凌げるか不安ですが、昨年もエントリーに入っていたので何とかある程度まとめてほしいです。市谷は長い距離で連続して微妙な結果だったので7区。6区悪くてもしっかりと立て直してほしいですし、区間5位以内が一つの目安。8区は谷原も考えましたが、秋になってから結果が残せていないので、古賀が良いかなと思いました。意外と区間一桁も狙えると思うのですが。9,10区は河村と田代。田代は逆の1区を2度経験していますし、長い距離の実績が河村に比べると乏しいので、河村9区、ラストスパートできる田代を10区としました。全体的には往路も復路も平地区間は一定以上流れるかなと思いますが、山に不安要素が残りますね。それでも、5位以内は厳しい気もしますが、大崩れしなければシード権は取れるのではないでしょうか。留学生ニャイロかオムワンバかは勿論のこと、日本人では田代の起用区間に注目です。
プロフィール

sauto

Author:sauto
FC2ブログへようこそ!
某ブログの管理人さんごめんなさい、勝手に記録会のタイムなど使わせてもらってます。
ワードでまとめるかわりにどうせならばと始めたブログですので、期待しないでください。
あと、当ブログは敬称略です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。